腰の虚実(馮志強老師著『陳式太極拳入門』第三章6より)

第三章(六)『虚実の転換は全て腰にあり』

     全9段落から構成  

 

<第一段落>

 

*第一段落メモ <腰の役割と重要性>

 

腰は ①”一身の主宰”(身体を支配する)

   ②上下をつなぐ要(枢軸)

   ③左右の転換の中軸

   ④一身の中正と平衡を維持する。

   ⑤中気が注ぎ込み気が丹田に沈み、内気の出入りと上虚下実を作る。

     (中気の説明は各種あるのでここでは入り込まない)

→よって太極拳各家は腰部を格別に重視している。

それを表す言葉がいろいろある。

”命意源頭在腰際”、”刻刻留心在腰間”、”主宰於腰”、”転関財腰”、”有不得力、必於腰腿求之”、”緊要全在胸中腰間運化”、”八卦掌、五行歩、太極腰”、”活腰壮腎”等。

 

  

<第二段落>

 

*第二段落メモ <腰の虚実が一身の虚実を決める>

  ⇒第5段落以下で更に詳しく説明

 

 太極拳の虚実の転換は全て腰にある、ということは一身の全ての虚実は腰にある。

 

 腰の虚実がはっきり分かれていれば、全身の虚実もはっきり分かれる。

 腰の虚実がはっきりしていなければ、全身の虚実もはっきりしない。

→所謂”虚実ははっきり分かれていなければならない”、という太極拳の大事な要領はまずこの腰のことを指す。

 

腰に双重があるなら(虚実がなく均等に重さがある)、全身上下が双重となる。

 

 

所謂“双重の病これを未だ悟らず”というのは、まずは腰部の双重の病を悟っていないということだ。

 

身法の虚実の変換は腰にある。歩法の虚実の変換は腰にある。手法の虚実の変換は腰にある。即ち一身の主宰は腰にある。

       “此消息真参透,太极只在一(この解釈はまだ:宿題)

 

 

 

 

<第三段落>

 

*第三段落メモ <腰で動くための要領>

      

      松→塌→虚→活→転→霊

       ↕  ↕   ↕ 

      収 瘪 束

 

腰において転換する(腰で動く)にはまず、“松腰”、“塌腰”、“虚腰”が必要。

腰が、松(緩む)になれば、塌(落ちる)が可能。塌になれば虚になり、活(活きてくる)。

活なら転(回転)、そして霊(素早い)となる。

 

“松腰”の反対は“収腰”。

 腰椎の骨、関節、肉、筋、靭帯が緩んで開いているべきで、押え締めたように(収)なってはいけない。

 

“塌腰”の反対は“腰”。

 腰部は緩んで開き、(斂臀:お尻を内側に収める、と相まって)下に(すべり)落ちたように(塌)なっているべきで、へこんでいてはいけない。

 

“虚腰”の反対は“束腰”。

 虚は空である。腰部が硬くもなく柔らかくもなく折衷でかつ虚空を得るべきで、束ねられた(縛られた:束)ようになってはいけない。

 

収腰や腰、束腰はみな腰部が緊張しているため、太極拳が取るべきものではない。

 

 

 

<第段落>

 

*第四段落メモ <腰の緩みが上虚下実を作る>

     

      松腰→松腹→気沈丹田、気行帯脈転円

     + 松胯、坐胯、圆裆

     ⇒ 腰勁→両股→足の裏 <上虚下実>

 

腰部が緩んで開けば、腹部もまた緩まる。

そうすれば腰腹はすっかり緩んで真ん丸(渾円)になり、気は丹田に沈みやすくなるし、気が帯脈上を円を描いて回りやすくもなる。

これに股関節の緩み(松胯)、股関節を(緩め沈めて)座るようにすること(坐胯)、股を丸くすること(圆裆)を合わせれば、腰の力は下に貫き、両股に力がでて、気が足の裏まで落ちる。

これによって下半身がどっしりとし、上虚下実となる。   

 

 

 

 

<第五段落>

 

*第五段落メモ <塌腰と斂臀の効果>

 

  ① 斂臀→塌腰

  ② 塌腰斂臀→尾闾中正、骶骨有力,命门松开

      ③ 塌腰敛臀 + 会陰内収、頂勁虚領 

             → 脊椎中正、中気が背中を貫通、全身が勁でつながる。

 

腰が塌腰(落ちた腰)であるためには斂臀(引っ込んだ尻)でなければならない。

斂臀ができれば塌腰ができる。

 

塌腰斂臀であれば自然に尾骨が中正になり、仙骨に力が出る。腰の後ろの命門も自然に緩んで開く(松開)。

これに会陰の内収と頂勁虚領(頭のてっぺんへ力が通り、首の力が抜けすっきり立っていること)が組み合わされば、脊椎が自然にまっすぐ立ち(竪直)、中気(中丹田の気)が背中の上下一千を貫通し、上下前後すべてを勁でまとめることができる。こうなれば動いた時にとても自然でどこにも偏りがなくなる。

 

 

 

直近の練習日程→こちら

『今日の独り言』結局何でも太極拳に関連してしまう頭の中。その日の気づきや疑問点、頭の中のお掃除と整理。過去の独り言はアーカイブ

★NEW! 5/21

LINEの仲間の投稿あり

練習メモ』

毎日の練習は気づきの宝庫。太極拳の練習の成果が何に及ぶかは予測不可能。私自身の学びのメモ。

★2/14『LINEの話題』を新設。グループLINEにリアルタイムで書き込んだ内容。LINEだと情報が流れてしまうので適宜ここに移します。

(パスワードをかけますので閲覧希望の方は簡単な自己紹介をつけてお問い合わせ下さい。)

★初心者随時受付中

お問い合わせはこちらから

 した 

練習のバイブル本

 『陳式太極拳入門』

       馮志強老師著

ようせいフォーラム2017プログラム
3月4日(土)にパネリストとして参加しました。
ようせいフォーラム2017プログラム.pdf
PDFファイル 3.1 MB

 

2012/3/20

日本養生学会第13回大会で研究発表をしました。

発表の抄録、資料はこちら