夏の養生 (『黄帝内経』より)

 

『黄帝内経(こうていないけい)』は中国最古の医学書で、中医学の原点です。太極拳も養生の方面についてはこの本を経典としています。

 

『黄帝内経』の内容は深く、多岐にわたりますが、ここでは四季の養生法のうち、夏の養生法について簡単にまとめておきます。

 

1.夏の特徴

 夏は24節季で「立夏」から「大暑」までを指す。陽気が最盛の時期で、植物も生茂る。人体も同様に新陳代謝が旺盛な時期で、皮膚の汗腺が開き汗を出すことにより体温の調節をする。

 

2.夏の養生の大原則

   ①暑さを防ぐ、②暑いからと言って涼しさを求めすぎない、③湿度を防ぐ

 

3.情緒

   疲れやすい。倦怠感。イライラして怒りやすい。

     →心を涼しく保つよう調整する。急がない。

 

4.飲食

   他の季節以上に注意が必要。

   湿気により胃と脾臓の気が損なわれ、消化能力が減退する。

   高温になると消化液の分泌も減少する。

   →胃に負担をかけない飲食が大事

   ①脂っこい食べ物を避け、さっぱりしたものを食べる。

   ②少し温かいものを食べ、あまり冷たいものを食べない。

   ③一回の食事の量を少なくし、その分回数を増やすのも可。

 

5.睡眠

   陽気の長さに応じて「少し遅く寝て、少し早く起きる」。

   睡眠時間に不足を感じる場合は、午後昼寝をする。

 

6.運動

   自然の中で緑や水のある場所で、涼みながら運動するのが最適。

   

7.冬の病気は夏に治す。

  冬の病気は陽気が少なく陰気過多が原因になることが多い。冬に風邪をひいたり病気にかかりやすい人は、夏の間に陽気を取り入れ養っておく。(養生法:食、休息、運動)

 

 以上。

直近の練習日程→こちら

『今日の独り言』結局何でも太極拳に関連してしまう頭の中。その日の気づきや疑問点、頭の中のお掃除と整理。過去の独り言はアーカイブ

★NEW! 5/21

LINEの仲間の投稿あり

練習メモ』

毎日の練習は気づきの宝庫。太極拳の練習の成果が何に及ぶかは予測不可能。私自身の学びのメモ。

★2/14『LINEの話題』を新設。グループLINEにリアルタイムで書き込んだ内容。LINEだと情報が流れてしまうので適宜ここに移します。

(パスワードをかけますので閲覧希望の方は簡単な自己紹介をつけてお問い合わせ下さい。)

★初心者随時受付中

お問い合わせはこちらから

 した 

練習のバイブル本

 『陳式太極拳入門』

       馮志強老師著

ようせいフォーラム2017プログラム
3月4日(土)にパネリストとして参加しました。
ようせいフォーラム2017プログラム.pdf
PDFファイル 3.1 MB

 

2012/3/20

日本養生学会第13回大会で研究発表をしました。

発表の抄録、資料はこちら