2019年2月

2019/2/18 <タントウ功 ちょっとしたコツとタイムラプス動画>

 

 先日ビデオレッスンを受けた男性からタントウ功について質問がありました。

 今日はいい天気で近くの広場に練習に行ったついでに動画を撮ってみました。

 説明はしゃべるよりも文章の方が得意かも?

 が、動作、形は見せた方が分かりやすい。

 一応動画を貼り付けます。

 文章での説明はまた後程。

  タントウ功は立ち始めてから気が腹に落ち、溜まって、沈み込ませていくのにかなり時間がかかる。初心者のうちはなおさらで、熟練者だと長く立てば立つほど緩んで気が溜まっていくのがわかるので、結局長く立ってしまう。
 
 最初の説明動画を撮った後で実際にタントウ功をやっているところを撮ってはどうだろう?と思った。が、30分や1時間もずっと動画を撮り続ける気もしない。それではとすぐに動かなければならない時用の速攻のタントウ功(意識的に気を早く溜めて丹田に落とし込ませていく)をしてみることにした。
 
 とはいえ、5分は撮ったはず・・・だが出来上がったら20秒ちょっとの動画。あれ?とみたら間違えてタイムラプスという撮り方をしていた。なんだこれは?と娘に見せたら大笑い。かなり笑い転げた後冷静に見たら、これはこれで面白い! タントウ功の時、こんなに動いているのかと驚いた。丹田の気は動くからなかなかじっとはしていられない。が、内側(気)がどんなに動いても外側は止めていなければならない。けど、こんなに動いてたとは知らなかった。
 
 その後師父にこの動画を見てもらった。
 このような短縮動画を撮ったために、内動がかえって良く分かると褒めてくれた。
 下半身がしっかり根付いて内気が湧いて動いている、周身一家(全身が一つになっていること)も良くできている、と久しぶりの誉め言葉。外不動求内動(外側を止めることによって内側が動くようにする)というタントウ功の目的がよく果たせている。内動があれば外も少しは動いてしまう。寝ている時に呼吸で腹が膨らんだり凹んだりするのと同じだ、とコメントしてくれた。一安心。
 タントウ功で石のように固まってしまったら間違えている。いわゆる”居つく”、という武道、武術では許されない状態になってしまう。実践を熟知している太極拳の老師にはタントウ功を嫌う方がいるのも今ではよく理解できる。そのくらいタントウ功は難しい。固まってはいけない。外側の動きを止めたようにしているのは内側を活性化させるため。タントウ功は動功の動きを微分して限りなくゼロに近づけたもの、というのが正しいと思う。決してゼロにしてはいけない。
 そのためには骨や筋肉ではなくて気で立つ感覚でなくてはならない。
 呼吸、息、松がとても重要になる。脚で立つ感覚はダメ出し、かと言って、本当は背骨で立ってもいけない。
 股関節、膝云々は内側の気がいずれどうにかしてくれる。
 どの筋肉にも骨にも当たらないところを探す・・・隙間、空間・・・それが丹田になる。

 

 最後に付け足しで、”丹田で動く”のと”脚で動く”のとの違いを見せるような動画も撮ってみた。

 カメラが下から見上げているので多少足長(苦笑)

2019/2/17 <お知らせ>

 以前より出産後のママ達のためのレッスンを依頼されて行ってきましたが、今後クローズドのクラスではなく女性なら参加可能なクラスにすることができるようになりました。
 
 これまでは出産後で小さな子供を連れたママ達向けに、目黒区の会場にて月曜午前か木曜午前、隔週ペースでクラスを開いてきました。
  そこでは太極拳の型こそ教えていませんが、身体の気になるところを整えるために太極拳のベースとなる内功、動功を教えていました。するとママ達はみるみるうちに丹田や気の流れが分かるようになってしまう。それは出産後だから、というのがキーなのですが、教えていくと師父がなぜ女性は男性に比べて有利なのか、というのがよく分かります。(逆に言うと、男性は本当に努力しないと気の感覚が掴みづらい。女性は大した努力がいらない。)とは言っても、子育て中で忙しいとなかなか型を覚える余裕はなく、せいぜい太極拳の単式の型を使って身体に効くようなレッスンをしてきました。
 今年に入って主催者が都合でクラスを運営できなくなったため、今後繋がりのあるママ達を核に私がクラスをアレンジして女性の基礎クラスにしてはどうかと思うようになりました。
 
 師父もよく言いますが、身体の構造上、女性の方が男性よりも圧倒的に速く気を溜める感覚を掴むことができます。婦人科の問題は太極拳の内功がそのまま効くので、出産後のママ達に教えるには打って付けでした。が、特に出産後に限らず、女性なら皆同じような悩みがあるので年齢を問わず一緒に練習できます。
  もし女性クラスに興味のある方がいましたら是非連絡を下さい(クラス開催を希望する曜日や時間帯があれば合わせて教えて下さい)。太極拳の基礎の基礎練習、とても大事な練習(秘伝も含む?)になります。
  日程を合わせて近々女性クラスを開催してみたいです。
  想像すると、なんか楽しみ....(笑)
   

2019/2/12

 

   足=feet の”松”!

 目から鱗でしばらく悦に入っていた。

 

  ああ、これまでなんとfeetに酷いことをしてきたのか?

 あの中学、高校の卓球時代。ただただ無我夢中にボールを追いかけていた。

 もともと運動神経は良いし特に脚が強かったのであっというまに上達した。が、大学に入ってほどなく親指が変形しているのに気づいた。

 

 大学時代、バタフライの道場で練習をしていたら、元世界チャンピオンの伊藤繁雄さんが私をちらっと見て、一言、「お前は太ももで打ってるなぁ~」と言って笑いながら隣を通り過ぎて行った。どういう意味?と思いながらそのままになり、そのシーンが蘇ってきたのは太極拳を本格的にやり始めてから。ああ、あの時伊藤さんは、私は腰ではなく脚で打っている、腰(胴体)で打たなきゃだめだよ、と言いたかったんだ・・・・もうあれから20年も経っていた。

 

 日本では臍下丹田が一般的で、中丹田(中気、胃の気のあたり)や腰(日本語の腰ではなくて、腰椎1番から5番の位置。感覚的には胃の高さ。日本語なら背中の感覚)の概念が希薄だ。だからどうしても胴体の力が弱く脚力に頼りがち。脚は太く短くなり、足は押さえつけられて幅広になる。

 それには日本語の発音からくる舌の位置の問題も絡んでいるような気がするが(これは呼吸の時に大問題になる)、頭蓋骨は肩の上に乗らずに前に落ち、肩の位置もずれて腕が肩から外れてしまっているから、どうしても腕や脚に負担がかかる。

 子供は大人の真似をして育つから、日本人の中で育つとどうしてもそのような姿勢、身体の使い方になる。フランスから日本に戻ってきた後、当時小学6年生の娘の姿勢があっという間に猫背に変わった。バレエも習ってきてとてもきれいに立てていたのに何故だろう?と理由を聞いたら、皆んなこうしてるし、真っ直ぐ立っていると生意気に思われる、と答えた。正しくなくても多数派に合わせなくてはならない....子供の世界ではそれが残酷なほどに顕著だ。

 大人になれば一目を気にして姿勢を悪くすることは考えられないが、もう既に狂ってしまった姿勢を元に戻すには地道な努力が必要になる。身体の躾けは要領ではどうにもならない。しぶとく毎日躾けづけるしかない。

 

 ・・・と、私もそんな中で運動をしてきて、結局足(feet)を傷めてしまった。最近の卓球の選手は皆中国のコーチについているから、身体の使い方も随分昔とは違う。

 私は中学3年生の時(1982年)卓球交流で北京にいったが、その時向こうのコーチが教えてくれた、右足を踏み出して右で打つ、というなんば歩き的な打ち方は、当時の日本ではふつうやってはいけないという打ち方だった。右手で打つなら左足が前、そして身体を回転させる、それを順守させるようなところがあった。が、中国選手や欧米の選手はもっと自由な打ち方をする。一見変な恰好でも打ってしまう。それが腰の軟らかさ、胴体(丹田)で打つことだ、と分かったのは太極拳のおかげ。最近の大阪なおみ選手の打ち方をみると動物的で躍動感があり、四肢に頼らない胴体運動の威力を感じる。(その点錦織君は体格のせいもあるが四肢に負担がいきがち・・・丹田が倍あれば・・・)

 

 feetを傷めない、という観点から練習すると、本来身体の中心がどこにあるのかを再認識することができる。

 足を傷めない、足を押し付けないで太極拳をやるとどうなるのだろう・・・とゆ~くり注意深く試したら、ああ、これは私の師父の拳、そして馮志強老師のような拳に近づいている。本来重心移動はこうやってやるのだ(=全身でやる、腰でやる、脚ではやらない)・・・と感動するのだけど、難しくてそうは簡単にできない。このままやるには全身が丹田にならなきゃだめだなぁ、とそこまで分かったところでギブアップ。まだ丹田が足りない、あるいは、全身がまだ一つになっていない・・・丹田が身体を包む大きさになって全身が一つの球のようになった時には足は軽く、けれどもしっかり根付いて立ったり動けたりするのだろう。

 足が軽くすぐにでも走り出したり跳べたりするには、しっかり地面に根付かなくてはならない。

 足が軽くなるにはまず重くならなければならなくて、重くて軽い足(脚)ができたとき、重いと軽いが矛盾しないことに驚いたりする。このあたりはとても太極拳っぽくてまたまた感動的。

 相矛盾するようなものが矛盾ではなく補完しあう、というのはよく言われることだが(男女の例がよく用いられるかなぁ)、実際に自分で重くて軽い感覚が分かると、本当にその通りだとびっくりしてしまう。練習が進めばそんなことだらけなのだろう。

 

<補足>

 足を傷めない、足を押し付けない、という意味について

 以前ある足の治療家が、私達の足幅は本来Dサイズだと言っていた。足を持ち上げて垂れたfeetは確かに足幅が狭い。そして、その足を一度地面に置き、そしてその上に乗って立った瞬間、足がぎゅ~と押し潰されてしまったとしたらその立ち方は間違えている、歩く度に足feetが押しつぶされずDサイズを保ったままでいられるのが理想だということだった。

 実際に裸足になって、重心移動をしている時の自分の足feetをじっと観察すれば、どの時点で足に力が加わって足が押し広げられていくのかが分かる。足feetに負担がないようにするには、全身の体重がダイレクトに足裏に伝わらなければならない(足の甲が固まらない)が、それをするには会陰の引き上げと丹田の形成が必須になる。歳をとると足幅が広くなり足裏や踵が痛くなったりする人が多くなるのも納得できる。会陰の引き上げができない(=丹田が形成されない)と膝や足に負担がでる。(注:会陰を引き上げる代わりに胸や肩で身体を吊り上げている場合は膝や足の異常は免れても、代わりに肩こりや呼吸の浅さ、緊張が取れない、自律神経の異常、など、別の疾患が生ずるだろう。)

2019/2/2

 

 足首以下、英語でいうところの”feet"は、身体を支える土台だけれども、あまりにも”下”にあって目が届かない=意識がとどかないし、ともすると汚いもののように扱われて、知らず知らずのうちに酷い使い方をしてしまいがち。気が付いたら外反母趾になっていた・・・と気づいたのは大学1年生の時。卓球をしていてなんだか親指に力が入らない、と思った時には症状が随分進行していた。おそらく中高時代に一生懸命練習している間に徐々に変形していたのだろう。試合で勝つ、というのを目標にして運動するとありがちなケース。

  外反母趾をどうにかしたい、というのは太極拳を始めた当初から思っていたが、丹田から初めて実際にfeetまで意識が届くまでには相当な時間がかかった。が、一度分かりだすと、feetの重要さがますます感じられるようになってくる。feetになんら変形のない生徒さんを羨ましいと思う一方で、せっかく変形していないのに全くfeetを使い切っていないのはなんてもったいないのだろう、と思ったりもする。

 feetが最大限に開発され使えているとすれば、もうそれは達人。

 本当は丹田が全身まで広がるからfeetが最大限に使えるのだろうけれども、逆にfeetをメルクマールに丹田を作っていけば間違えた丹田形成、身体の開発にはならないだろう。

 で、右は数日前、思い切って買ってみた大山式の指パット。

薬指が使える使えないは太極拳にとってもピアノを弾くにとっても死活的問題。胆経、身体の側面、ここが使えないと身体を全体的には使えない。これを装着すればはっきりと手ごたえがあるかもしれない・・・

 と、装着してみたら、なるほど、と納得。

 なんで師父が私にfeetの扣(コウ、お椀を被せたようにすること)をさせたのか、なぜ抓(掴む)ではいけないのか、そして、踵に乗るのかつま先を使うのか、重心はどこにあるべきなのか、なぜ整体のプロの私の弟子が私の脛を内旋させるように矯正したのか・・・様々なここ数か月の疑問が解けた。

 

 がこのパットを外してその位置に立とう、その位置で歩こうとすると、あ~、丹田が足りない!

丹田が頭まで包まないとそうはならない・・・feetが腰につながるのは当たり前として、背中やら肩、首、頭部まで、前も後ろもfeetとつないでいなければならない。凄く注意してパットをつけた感覚を維持したまま24式をやろうとしてみたら、なんと、feetは完全に”松”! feetに力が入ってはいけない、そういうこと?!  が、そのためには腰や腹のみならず、体中に空気をはらませておかなければならない。まさに一個の気球状態。が、これだと関節に当たらない、もっと言えば関節がないかのように動ける。確かに馮志強老師はこんな感じの動き方だ・・・。

 足指、指先先端からまで使いながら同時に踵の端、アキレス腱まで伸ばして使えればfeetの中に全身が入ってしまう。ただそれが可能なのは全身が気球になった時。筋肉に当たってしまうとそこで途切れてしまう。

 幼児は簡単にそうやって立って歩いているのに、大人になると、どんなに”正しく”歩いても、どこか硬くぎこちなく不全に見えてしまうのは、どうしても筋肉にのってしまうからだろう。

 

 

 いろいろ説明し出すとこれまた本一冊書けそう。上の写真で分かるポイントだけ列挙。

 ➀指→踵→アキレス腱→膝裏→お尻→腰→( → → 後頭部)

  幼児は後頭部までつながってしまっているけれど、私達はとりあえず腰までつなぐ!

 ②つま先は丹田に合う 逆にいえば、丹田がないとつま先(指の本当の先端)は使えない

 ③このように立つ、歩くと、腹がしっかりしながら(一枚目)腰がしっかりする(二枚目)。

 ④虚領頂勁は自然にできてしまっている。

 

次の写真も私の宝物。オランダの女の子。上の男の子よりも小さい(2歳半~3歳くらい?)

 

 幼児たちは自然体で何も考えずに上手に歩けるが、私達は一度失った自然体を取り戻すためにかなり努力をしなければならない。

 力を抜く、筋肉に頼らない、呼吸を健やかに楽しく・・・このあたりから自然体を始める(タントウ功の第一歩)。すると上の女の子の三枚目のような”ぽんぽこ丹田”が現れる(笑)

 

 下は歩き方講座の先生達。太極拳の目で見てしまうと、どれも腰が弱い。後ろから腰を蹴ったら一発で終わり(特に左の女性二人)。右の男性は肩甲骨のあたりを後ろから推せば倒れるなぁ。

 幼児たちは力はないけれど、スキのない立ち方、歩き方、をしている。それが太極。

 

 

自主練習会の予定→こちら

『今日の独り言』結局何でも太極拳に関連してしまう頭の中。その日の気づきや疑問点、頭の中のお掃除と整理。アーカイブは練習メモ

練習メモ』

毎日の練習は気づきの宝庫。太極拳の練習の成果が何に及ぶかは予測不可能。私自身の学びのメモ。

『LINEの話題』 グループLINEにリアルタイムで書き込んだ内容。LINEだと情報が流れてしまうので適宜ここに移します。

(パスワードをかけますので閲覧希望の方は簡単な自己紹介をつけてお問い合わせ下さい。)

★初心者随時受付中

お問い合わせはこちらから

 

練習のバイブル本

 『陳式太極拳入門』

       馮志強老師著

ようせいフォーラム2017プログラム
3月4日(土)にパネリストとして参加しました。
ようせいフォーラム2017プログラム.pdf
PDFファイル 3.1 MB

 

2012/3/20

日本養生学会第13回大会で研究発表をしました。

発表の抄録、資料はこちら