第3式 懶扎衣(ランザーイー)

第3式 懶扎衣の動画(前面、そして背面)です。

 

名前の由来:明代当時は長い着物を着ていたため、演武の時はその裾をまくりあげて(懒の意味)腰ひもに括り付けなければならなかった(札の意味)。その動作がこの3式最後の動作に似ているとか。(実のときろ、私にはまだはっきりとイメージできていません・・・)

 

 

 

動作を5つに分けてみました。

 

動作1 <武松脱铐>:手錠を外す技

 

動作2 <穿掌> 右掌を左腕の内側から左上方に通して突き出し、それから次第に逆纏で斜めに開く (これも外し技)

 

動作3  <拆手> ほどき技

 

動作4 <分掌、頂膝> 両手を分けて左右打ち、同時に膝蹴り

 

動作5 <懶扎衣> 実体は<拦腰掌>(腰で相手の身体を遮りながら打つ)

 

 

2019/8~パリにて再修行中

★NEW! 外出自粛期間中、SkypeまたはLINE等によるビデオレッスンが可能です。日本時間の17時以降→お問い合わせ下さい。

『今日のメモ』毎日の練習は気づきの宝庫。太極拳の練習の成果が何に及ぶかは予測不可能。過去(2012年9月〜)のアーカイブは『練習メモアーカイブ』へ

太極拳に関する質問を受け付け中

 問いは練習に欠かせない要素。太極拳の練習の活性化のためにも、質問歓迎します♪

お問い合わせはこちらから

 

練習のバイブル本

 『陳式太極拳入門』

       馮志強老師著

ようせいフォーラム2017プログラム
3月4日(土)にパネリストとして参加しました。
ようせいフォーラム2017プログラム.pdf
PDFファイル 3.1 MB

 

2012/3/20

日本養生学会第13回大会で研究発表をしました。

発表の抄録、資料はこちら