第2式 金剛搗碓

第2式金刚捣碓 (金剛とうたい、JinGangDaoDui )とは、 金剛力士が左手の石臼(碓)を、右手で突く(搗)かのような第2式最後の動作を指した名称です。

 

前面、背面からの動画です。

 

動作を4つに分けています。

 

<動作1>(正向混元圏でのポン、リュー、ジー、アンの練習が含まれています)
・両腕を降ろしたじょうたいから反時計回りに右前へポン
・続けて時計回りにぐるっと回して左方向へジー
<動作2>
・右下から左斜め上にリュー
・左(東)から右(西)方向へ右のリュー
・合腿(膝蹴りの恰好)から擦脚(足裏の内側から着地して滑らせながら前へ出す)、両腕は後方へリュー
<動作3>
・前方へポン、それから後方へリュー
・左手と右手を分けながら左足先を正面に向ける。(左手は左膝前を通る。右手の掌は正面向き)
・右脚上歩(前に進む) 右手は勾拳で前方に出す
<動作4>
・右の勾拳を降ろす(相手の面を打つ) 
・左手を上げて甲で相手の面を打つ
・右の拳と左の手のひらを上下に分けると同時に右膝を上げる。 それから震脚。(この部分が金剛捣碓)

2019/8~パリにて再修行中

『今日のメモ』毎日の練習は気づきの宝庫。太極拳の練習の成果が何に及ぶかは予測不可能。過去(2012年9月〜)のアーカイブは『練習メモアーカイブ』へ

YouTube『スタディタイチ』チャンネルに動画アップしています→こちら

太極拳に関する質問を受け付け中

 問いは練習に欠かせない要素。太極拳の練習の活性化のためにも、質問歓迎します♪

お問い合わせはこちらから

 

練習のバイブル本

 『陳式太極拳入門』

       馮志強老師著

ようせいフォーラム2017プログラム
3月4日(土)にパネリストとして参加しました。
ようせいフォーラム2017プログラム.pdf
PDFファイル 3.1 MB

 

2012/3/20

日本養生学会第13回大会で研究発表をしました。

発表の抄録、資料はこちら