ブログカテゴリ:memo


2018/2/27 <腰についてあれこれ 太極腰、抜背、塌腰、 松腰>  太極拳は”ヤオ(腰)クア(胯)”と言われるが、中でも腰については『太極腰』、という言葉もあるくらいで、太極拳がどれほど腰を重視しているかが分かる。  腰を柔らかく、蛇のように使う。  どれだけ自由自在に柔らかくうねらすことができるか・・・。...

2018/1/27 <帰国後2週間の練習 LINEに書いた項目>  パリで劉師父と推手をして改めて大きな差異を知る。  自分のどこがまだ弱いのか、足りていないのか、それが分かったのは大収穫。...

2017/12/16 <息を通す、上丹田、舌抵上顎、含胸、意を通す>  今日は普段室内でやっている土曜クラスが外で練習。  外で練習すると息が良く分かる。せっかくだからと息から始める。    息は鼻の長さいっぱいに使う。(鼻腔を通る間に空気が温められる。寒い国の人の鼻は長い。)  ちゃんと鼻をつかいきると息は眼の奥=鼻の奥=喉の奥=上丹田に達する。...
2017/11/29 <太極拳の第一路と第二路の大雑把な説明>    夏の頃は、早く24式を卒業して48式を皆に教えてしまいたい、と思っていたのに最近足踏み状態・・・。最近入った生徒さんから、トウ路って何ですか?という質問があったので私なりに簡単に説明してみようと思う。   <今練習している24式について>...

https://nice-senior.com/doc/2652/
2017/10/25 <粘黏连随と丹田とお腹の大きさ>  先日、自称武術バカの若い男性生徒さんから、呉式太極拳の馬岳梁大師の推手の動画を紹介された。これまで見たこともないくらいの柔らかさで、腕が相手に吸い付いているようだった。...

2017/9/29 <カマキリの気迫>  帰り道に遭遇したカマキリ。  いつもなら通り過ぎてしまったかもしれないところを、しゃがみ込んでじっくり見てみたら・・・。  (以下、グループLINEに投稿したものをそのまま貼り付けます。)

2017/8/26 <纏糸功から四正勁、腰の隙間>  先週から馮志強老師の纏糸功を練習している。  私もこれをきちんと教えるのは初めてで、教えながら試行錯誤、試行錯誤しながら確実に毎回学んでいる。  次第に全貌が明らかになってくると、ああ、なんだ、いつもやっている練習だったんだ、と気づく。何故師父が私に特別纏糸功なるものを教えなかったのか、納得。...

2017/7/24 <『腰』と『胯』、矛盾解消の先に生まれる丹田>  身体は建築物と同じで土台から造り上げていく。  そして土台と言えば下半身。...
2017/6/26 <下半身の勁をつなぐ準備 関節は回す、折らない>  この一週間は下半身の勁をつなぐことを主にクラスで教えていた。  勁をつなぐ、と言っても、まずは表面的な”筋”がつながる感覚から始める。  筋(スジ:筋肉の両端)がつながれば、それから経絡、そして”勁”へと感覚を深化させていく...

2017/5/14  <呼吸と息について>  本当にこの練習メモから遠のいてしまった。  思いついたことをLINEのようにそのままここに書いて良いもよいかしら?  私が母からもらったワンコはこの夏で13歳。所謂老犬の域に達してきた。  数か月前から呼吸の時にブーブー音がするようになった。...

さらに表示する

7月練習日程→こちら

 

『今日の独り言』結局何でも太極拳に関連してしまう頭の中。その日の気づきや疑問点、頭の中のお掃除と整理。アーカイブは練習メモ

練習メモ』

毎日の練習は気づきの宝庫。太極拳の練習の成果が何に及ぶかは予測不可能。私自身の学びのメモ。

『LINEの話題』 グループLINEにリアルタイムで書き込んだ内容。LINEだと情報が流れてしまうので適宜ここに移します。

(パスワードをかけますので閲覧希望の方は簡単な自己紹介をつけてお問い合わせ下さい。)

★初心者随時受付中

お問い合わせはこちらから

 

練習のバイブル本

 『陳式太極拳入門』

       馮志強老師著

ようせいフォーラム2017プログラム
3月4日(土)にパネリストとして参加しました。
ようせいフォーラム2017プログラム.pdf
PDFファイル 3.1 MB

 

2012/3/20

日本養生学会第13回大会で研究発表をしました。

発表の抄録、資料はこちら